プリザーブドフラワーを結婚祝いであげるなら

プリザーブドフラワーはお祝いの席などでも重宝されることが多く、結婚祝いなど長く記念としてプレゼントを残したいという場合などにも、よく利用されるそうです。結婚祝いでプリザーブドフラワーを渡すときに多い色などを考えてみましょう。


プリザーブドフラワーの結婚祝い、多いのは白

ウェディングドレスの色でもある白を基調としたアレンジメントが最も無難という声が多いようです。ウェディングドレスの白は、日本でも昔から純粋や無垢などに直結する色で、これから染める色、スタートの色という意味を持ちますし、ドレスや会場だけでなく、自宅でも比較的飾りやすい色といえるようです。そのほかに多いのは赤やピンクの華やかな色の薔薇の花です。


電報などで送ることができるものも

花電報というものがあるのをご存知でしょうか?結婚式などに参列できないけれどお祝いを伝えたい場合には、プリザーブドフラワーにメッセージカードを付けて、お祝いの気持ちを伝えられるというものです。電報は少し前から、ディズニーのキャラクター電報などカワイイもの、華やかなものが増えていますが、中でもお花の電報はお祝いの席によく利用されます。生花よりも保存状態などの不安もないので、徐々に人気が上がっているそうです。