プリザーブドフラワーは繊細だから丁寧に扱おう

プリザーブドフラワーをギフトで選んでいる人や、誕生日とか出産祝いで贈っている人も多くいると思いますが、どのようにして扱っていいのか知っていますか?
このお花は特殊な保存加工がされているので長く保つことが出来るようになっていますが、生花と同じよう丁寧に扱ってあげることが大事なんです。
いくら長く保てるからと言って、何も不便が無いわけではないので注意をして下さい。
枯れにくいといっても、もとは生花から作っているものですから大切に扱うようにして。


プリザーブドフラワーってどのくらい保存できるの?

プリザーブドフラワーは長く保てると言うけれど、一体どのくらいの間保てるのでしょう。
それは、その購入した人によって異なるかもしれませんが、平均的に10年ほど保つことが出来ると言われています。
保存状態が良いと10年以上保存することが出来ると言われているので、色々工夫をしながら保存するのが良いのかもしれません。
こんなに長く保存できるお花って素敵ですし、魔法がかけられているみたいで本当に不思議ですね。


なぜ直射日光に当ててはいけないの?

プリザーブドフラワーは、お水を与えたり直射日光に当ててはいけないと言われていますが、その理由とは何なのでしょうか?
まず、お水はお花の脱色に繋がってしまいますからあげてはいけないとなっています。
直射日光に当ててはいけない理由は、変色や色あせ、劣化を招く原因になってしまうからなんだそうですよ。
長く保つためには、そういったことに気を付けながら楽しむようにしましょう。