プリザーブドフラワーのフォトフレーム

プリザーブドフラワーは、置き型とかリース型・キャンドル型やブーケ型などがあります。
一番有名なのはやっぱり置き型だと思いますが、最近ではフォトフレームもあるみたいなんです。
普通のお花だけのものを飾るのも素敵ですが、写真を入れることが出来る形も素敵ですね。
お子さんのいるご家庭ならお子さんの写真を入れてみたり、家族写真を入れてみたり。
現在は、ペットのフォトフレームというのも人気があるみたいなんですが、知っていましたか?
ペットを飼っている人も多いので、これは嬉しいですよね!


プリザーブドフラワーと一緒に

プリザーブドフラワーと一緒に、写真を飾るのは素敵なことだと思います。
自分達の思い出の写真をいつまでも美しいお花と一緒に保つことが出来るのは、嬉しいですしいつまでも心に残ります。
他にも何か景色を撮影した写真を撮ったり、旅行先の写真を飾ってもいいと思います。
活用の仕方は本人次第なので、人の数だけ活用方法があるから自由で良いでしょう。
中には、芸能人の写真を飾っている人がいるかもしれませんね。


友達のプレゼントに

プリザーブドフラワーのフォトフレームを、友達の誕生日などに贈ってみるのもいいですね。
きれいに包装をしてもらって贈ると、きっと相手も喜んでくれるはずですよ。
そのままプリザーブドフラワーを贈るのもいいですが、たまにはこういった少し変わったものを贈ってみるのもオススメ。
他にどのような商品があるのか、調べてから決めるのが良いでしょう。

プリザーブドフラワーで人気のカラーとは一体何色?

お花を購入する時に自分の好きなお花を選ぶのは当然ですが、何色のお花を選んでいますか?
プリザーブドフラワーは生花にはないカラーもありますので、購入する際には迷ってしまうという事もあるはずです。中にはグリーンなど変わったカラーのお花を取り扱っているお店もあります。様々なプリザーブドフラワーが販売されていますが、一体何色が人気になっているのか気になったことはありませんか。よく目にするカラーはレッドやピンク・ブルー・オレンジ・イエローなどです。どのカラーも魅力的ですが、年代や性別によって人気色も変わってきます。当然、そのお店によってカラーも若干変わってきますから、具体的な色をあげることは難しいです。ですが、ざっくり知ることは出来ますので調べてみましょう!


プリザーブドフラワーで人気なのはピンク!

人気色となっているのは、レッドかと思いきやピンクのようです。
濃いピンクよりも淡いピンクの方が人気になっていて、プリザーブドフラワーの中でも特にピンクのバラは存在感があると言われています。ピンクの花材だけでアレンジしている商品もありますが、レッドという濃いカラーと組み合わせることでより強く印象に残る仕上がりにしている場合もあります。女性への贈り物としてプリザーブドフラワーを贈るのであれば、ピンクの商品を探してみるのが良さそうです。派手な可愛さではなく控えめな雰囲気を醸し出すライラックピンクなどがおすすめです。お店によって取り扱っているピンクの種類が違いますので、複数の通販サイトに目を通してから決めてみてはいかがでしょうか。少し目上の女性へ贈る場合には、紫に近い綺麗なピンクのお花を選ぶのが良いです。


ブルーも人気が高いんです!

ピンクが一番人気になっているため、購入している方も多くなっています。
もう一つ人気色になっているのがブルーなのです。ピンクとは正反対の落ち着きのあるカラーですので、驚かれた方も居るかもしれません。ブルーのプリザーブドフラワーが人気になっている理由は、生花にはないカラーだからです。やはり生花にはないカラーだと魅力的に感じますし、綺麗なブルーは気分を落ち着かせ安らぎを感じます。女性や男性に関係なくギフトにすることも可能ですし、大人の雰囲気もまとっています。ピンクが苦手だという方には、ブルーのプリザーブドフラワーをピックアップしてその中から選んでみるのが良さそうです。こちらもピンクと同様色彩のバリエーション豊富なため、チェックしてから決めるようにしましょう!

優れた点が多くあるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーを贈り物にすれば、間違いなく好印象です。
プレゼントに花束を手渡すなんて、昭和の古いやり方だと思っていませんか?
ですが、いつの時代も「花」を渡されるというのは特別な出来事です。
入学・卒業式、結婚式、新店オープン、プロポーズなど、花が重要な役割を担っていることは現在でも多く見受けられます。
今回は、生花にはないプリザーブドフラワーの優れた点をご紹介いたします。


色とりどりの中から選べる

プリザーブドフラワーは、自由に色をつけることが出来ます。
製作する過程で、脱色と着色を行うので好きな色をつけられます。
そのため、自然界にはないような色の花びらを作ることさえ出来てしまいます。
科学の力では不可能と言われていた青いバラも、この方法なら実現可能です。


手作りも出来る

個人で作ることが出来てしまうのも、プリザーブドフラワーの魅力の1つです。
資格は何もいらないため、材料さえ揃えればいつでも手作りできます。
手間がかかるので通販などではお値段が少々つきますが、時間に余裕があり、なおかつ作ってみたいという気持ちがある方にはオススメです。
材料自体多すぎることはなく、手順も難しいことはほぼないので、手作りを渡したいという方は是非挑戦してみてください。

プリザーブドフラワーのお店を選ぶ

現在インターネットでプリザーブドフラワーと検索すれば、専門の通販のページがたくさん出てきます。

プリザーブドフラワーはアレンジも色もさまざまな種類から選ぶことができるため、お部屋の装飾やギフトとしてとても適しています。

イギリスなどでは高級なギフトとして愛されています。最近は日本でも広まってきたとはいえ、まだまだその知名度は高いとは言えずドライフラワーなどと混同されがちです。


プリザーブドフラワーを買う目的でお店を選ぶ

プリザーブドフラワーを買う目的は何でしょうか。プレゼント用、お部屋のインテリア用、さまざまでしょうが、色やアレンジによってそれが得意なお店が違います。

誕生日のお花の種類を多くそろえている店、ボックスに入っているものが多い店もあります。

そのシチュエーション、母の日などによって最適な花の種類も、花の種類も変わってきます。

最近では葬儀関係でも用いられることの多いプリザーブドフラワー。お店を選ぶときも、お花を選ぶ時にも注意が必要ですよね。


風水などにも対応

風水において色は大事なポイント。プリザーブドフラワーなら色の自由度が高いですから、自分の好きな配色を好きな位置に置いておくことができますよね。風水好きの友達のギフトにも使ってみてください。

プリザーブドフラワー作成キットの通販

できあがった状態でなく、よりオリジナルなプレゼントで差をつけましょう。


<手つくり専門もある>

今やできあがった状態のプリザーブドフラワーは沢山あります。完成品でも十分に喜んでもらえるでしょう。でも自分でセレクトして作った方が、オリジナリティーがあって気持ちもより伝わります。通販なら種類もあるしキット専門もあるので心強いです。完成品の見本もあり、同じ形でも色味が違うなど、バラエティーも豊富で選ぶ楽しみもあります。


<手作りキット>

通販なら、多くの手作りキットもあります。プリザーブドフラワーの手作りキットなら、用途に合わせたお花がすでに決まっていたり、完成品も画像があったりと便利です。通販であれば気軽に作れますし、他に何が必要かだいたいは記載されているため大変便利です。あまりセンスがないと不安でも、完成品は同じなので安心です。<キットにひと手間>通販で購入したプリザーブドフラワーのキットは完成状態が決まってしまいます。購入の際に少しアレンジしたり、キットの完成品の形をベースに、バラバラでお花を変えて組み合わせてみたり、別でリボンなどを付け加えるなどすれば、見本と全く同じにならず、少し個性的に見えます。

プリザーブドフラワーを結婚祝いであげるなら

プリザーブドフラワーはお祝いの席などでも重宝されることが多く、結婚祝いなど長く記念としてプレゼントを残したいという場合などにも、よく利用されるそうです。結婚祝いでプリザーブドフラワーを渡すときに多い色などを考えてみましょう。


プリザーブドフラワーの結婚祝い、多いのは白

ウェディングドレスの色でもある白を基調としたアレンジメントが最も無難という声が多いようです。ウェディングドレスの白は、日本でも昔から純粋や無垢などに直結する色で、これから染める色、スタートの色という意味を持ちますし、ドレスや会場だけでなく、自宅でも比較的飾りやすい色といえるようです。そのほかに多いのは赤やピンクの華やかな色の薔薇の花です。


電報などで送ることができるものも

花電報というものがあるのをご存知でしょうか?結婚式などに参列できないけれどお祝いを伝えたい場合には、プリザーブドフラワーにメッセージカードを付けて、お祝いの気持ちを伝えられるというものです。電報は少し前から、ディズニーのキャラクター電報などカワイイもの、華やかなものが増えていますが、中でもお花の電報はお祝いの席によく利用されます。生花よりも保存状態などの不安もないので、徐々に人気が上がっているそうです。

プリザーブドフラワー人気ある店の共通項

プリザーブドフラワーで人気ある店の共通項は品揃えの良さもさることながら、そのデザインの美しさや、構成の上手さ、そして、サービスの良さです。


<プリザーブドフラワーの自由性>

話は飛びますが、実はプリザーブドフラワーを初めてこの世に生み出した企業はこの技術で特許を取っていません。何でも、特許を取ってしまうと、その製法をすべて公開しなければならないからだそうです。このため、多くの企業がこの分野に参入できるわけです。
これはある意味、どんなやり方でも、プリザーブドフラワーを作って、売ることができると言うことなので、ビジネス的にはチャンスです。できるだけ、瑞々しいままで、長く保って、人々の目を楽しませる花ができれば、自由に、いくらでも人気ある店が作れると言うことでもあります。


<人気ある店はそれなりにユニーク>

そういった観点からみると、やはり、専門店で人気ある店というのは、独自の製法で、デザインで、勝負していますね。容器などにも、工夫を凝らしていて、人気のハート型に始まって、シンデレラの靴型というのもあるそうです。
容器は最悪、花がだめになっても、いいものであれば、買ったお店に持ち込んでそこにまた、プリザーブドフラワーをいけてもらうことも可能だそうです。
もちろん、これは人気ある店のサービスのひとつです。

プリザーブドフラワーとぬいぐるみ

還暦祝いとか誕生日などにプリザーブドフラワーを贈っている人も、最近では少しずつですが増えてきているみたいです。
でも、出産祝いでも贈っている人が多いみたいなんです。
現在では、小さなぬいぐるみを一緒に添えてあるバスケットなどもあるそうなんですが、皆さんは知っていましたでしょうか?
本来だったらお花だけのバスケットやリースなのですが、小さなクマのぬいぐるみが一緒に入っているものもあるらしいんです。


女性やお子さんにプリザーブドフラワーを贈ると喜ばれる?

小さなぬいぐるみの入ったプリザーブドフラワーは、女性やお子さんにプレゼントをすれば、きっと喜んでくれると思います。
ぬいぐるみは可愛いものですし、クマが多いので比較的どんな人でももらえたら嬉しいです。
女性から女性へ贈っているのが多いかと思いきや、最近では男性から女性に贈っているケースも増えているのだそうですよ。
誕生日とか記念日にプリザーブドフラワーを贈っている人が多いので、なんだかびっくりですね!


可愛いからどんな時でも大活躍

ぬいぐるみの入ったプリザーブドフラワーはとても可愛いので、どんなときにも活躍してくれます。
誕生日や記念日、卒業や入学祝い、結婚式、還暦祝いなど様々な時に活躍してくれるから、とても嬉しいものだと思いませんか?
もちろん、自分の為に購入するのも全然いいんですよ!
お店によってケースへの詰め方やぬいぐるみが違うので、前もって比較しておくのがいいかもしれません。

関連サイト・・・誕生日プレゼントを女性へ贈るなら(http://garaje.jp/)

プリザーブドフラワーをランキングで確認しよう

プリザーブドフラワーを贈り物として贈りたい時や、自宅に飾りたいと思っていても一体どのお店で注文したらいいのか悩んでしまいますよね。
困ってしまった時は、人気ランキングを見てチェックしてみるのが良いかもしれないです。
人気のお店ならきっと素敵な商品を見つけることが出来ますから、一度覗いてみてはどうでしょう?
そのランキングサイトによって、ランキングに入っているお店が異なってきますから、出来るだけ多くのサイトを見た方がいいと思いますよ。


プリザーブドフラワー店の評判について

贈り物や自宅用で購入したい時は、ランキングだけを参考にするのではなくて評判や口コミについて調べておくのも重要なんですよ。
洋服などを買った時などにそのお店やサイトから、レビューを書きませんか?とメールが来ることもありますよね。
皆さんの中には、そのレビューを見てから購入する人もいるのではないでしょうか?
実際に購入した人たちの意見や声はすごく貴重なものですから、一度確認をしてみて。


チェックしてから決めよう

プリザーブドフラワーを購入する時は、色々注文できるサイトを比較してからの方がいいです。
このお店ではこういったものが多くあって、こっちのお店ではこういったものがあるのか、とそのお店のコンセプトなどを調べておくのが良いでしょう。
その方が贈る人に相応しいものを選ぶことが出来ますし、後でやっぱりこっちにすればよかった・・・なんて言う後悔もしなくて済むのでオススメです。

プリザーブドフラワーは繊細だから丁寧に扱おう

プリザーブドフラワーをギフトで選んでいる人や、誕生日とか出産祝いで贈っている人も多くいると思いますが、どのようにして扱っていいのか知っていますか?
このお花は特殊な保存加工がされているので長く保つことが出来るようになっていますが、生花と同じよう丁寧に扱ってあげることが大事なんです。
いくら長く保てるからと言って、何も不便が無いわけではないので注意をして下さい。
枯れにくいといっても、もとは生花から作っているものですから大切に扱うようにして。


プリザーブドフラワーってどのくらい保存できるの?

プリザーブドフラワーは長く保てると言うけれど、一体どのくらいの間保てるのでしょう。
それは、その購入した人によって異なるかもしれませんが、平均的に10年ほど保つことが出来ると言われています。
保存状態が良いと10年以上保存することが出来ると言われているので、色々工夫をしながら保存するのが良いのかもしれません。
こんなに長く保存できるお花って素敵ですし、魔法がかけられているみたいで本当に不思議ですね。


なぜ直射日光に当ててはいけないの?

プリザーブドフラワーは、お水を与えたり直射日光に当ててはいけないと言われていますが、その理由とは何なのでしょうか?
まず、お水はお花の脱色に繋がってしまいますからあげてはいけないとなっています。
直射日光に当ててはいけない理由は、変色や色あせ、劣化を招く原因になってしまうからなんだそうですよ。
長く保つためには、そういったことに気を付けながら楽しむようにしましょう。

プリザーブドフラワーの秘密

プリザーブドフラワーが贈り物として人気ですが、そもそもその秘密とは一体何なのでしょうか。
それは、生花とは違って長い間楽しむことのできるお花だから人気なのかもしれません。
生花は、よく手入れをしても数週間しか保つことが出来ないので楽しめる時間も短くなってしまっています。
特殊な保存加工の技術が施されていますので、長く保つことが出来るのですが、よくよく考えると不思議なお花ですよね。


プリザーブドフラワーのプリザーブドって何?

皆さんの中にも気になっている人がいるかもしれませんが、プリザーブドフラワーのプリザーブドとは一体どのような意味があるのでしょう?
プリザーブドを直訳すると保存という意味になるそうですよ。
つまり保存したお花という意味になるのですが、そう考えるとますます不思議な感じがしますね。
生花とは明らかに違うお花ですから、扱い方も少し変わってきます。
お水を与えてはいけないとか、直射日光に当ててはいけないとかその点が生花と異なる部分です。


詳しく知りたいなら手作りで

プリザーブドフラワーについて詳しく知りたい人は、手作りすることが出来るので実際に作って知るというのも良い方法ではないかと思います。
普段だったら、お花屋で購入したり通販サイトで購入したりしますが、自分で実際に作ってみると知れることが多く出てくるのではないでしょうか。
こんなふうに加工をするのか!こうやって作っていくのか!と知ることが出来ますし、プリザーブドフラワーについてさらに知識を深めていくことが出来ますよ。